アンテナ選びは下準備で決まる!住宅に合うアンテナとは?

一般的な八木アンテナ

テレビで地デジ放送を見るためにはアンテナを設置する必要があります。アンテナ設備で電波を受信してはじめて、テレビの地デジ放送を見る事が可能になるからです。アンテナと言ってもいくつか種類があります。アンテナによって取付場所も異なるため、そのための下準備をあらかじめしておく必要があります。一般的な八木アンテナは魚の骨のような形をしており、住宅の屋根の上に設置されている事が多いです。そのため電波の受信がしやすく、価格帯も他のアンテナに比べれば比較的安いのが特徴です。しかし、屋根の上に上る事が困難な場合は取付やメンテナンスが出来なくなります。そのため、取付の際は屋根に足場があることや、屋根にのぼっても損傷しない事が前提になりますのでそのような下準備を考えておく必要があります。

普及が進むデザインアンテナ

八木アンテナに代わって、最近、急速に普及しているのがデザインアンテナです。設置する場所は屋根上ではなく壁に設置される事が多いのが特徴です。雨風の影響を受けにくく、デザイン性に優れていますので、新築住宅での設置が増えています。但し、壁に取り付けると言っても、ケーブルを通すための穴を開けたりしなければいけませんので、八木アンテナからデザインアンテナに交換する場合などは、貫通穴が無い場合は新しく穴を開けるための工事をしなければいけません。その下準備さえできてしまえば、壁面ですのでメンテナンスがしやしく、悪天候による受信障害も少なくて済みます。価格は、八木アンテナに比べるとやや高めですが、今後デザインアンテナの設置は増えていくでしょう。