カッコいいアンテナを設置しよう!デザイン選びにこだわってみる。

アンテナも変革の時?

テレビで地デジ放送を見るためには、アンテナが必要です。アンテナで電波を受信する事によってテレビの放送を見る事が出来るからです。アンテナと言ってもいくつか種類があります。一般的には八木アンテナが有名です。街を歩いていれば住宅の屋根の上に魚の骨のような形をしたアンテナを見た事がある人も多いでしょう。八木アンテナは設置場所からすると、しっかり取付けられていれば電波を受信しやすい位置にあるため、今まではアンテナの定番でした。しかし、最近では住宅の壁やベランダなどに設置する事が出来るデザインアンテナというスタイリッシュなアンテナが登場してきました。八木アンテナのように屋根上に設置するとなると、手間がかかったり、雨風の影響を受けてしまうため、近年急速に普及しています。このデザインアンテナについて次に紹介します。

デザインアンテナのメリット・デメリット

デザインアンテナについて、メリットとデメリットを紹介します。先に述べたように、デザインアンテナのメリットは、八木アンテナより見た目が良く、取付位置も壁に設置する事が多いですので、屋根に比べればメンテナンスなどがしやすいというメリットがあります。また、受信も雨風の影響を受けにくいのが良い所です。形は、四角や六角の形をしており、家の外観に影響を与えず、スタイリッシュに見えます。しかし、デザインアンテナにもデメリットはあります。まず、価格的に高めだという事です。業者によって価格帯は違いますが、八木アンテナの設置工事が1万円台で出来るとしたら、デザインアンテナは2万円台という形でやや割高になります。しかし、今後もデザイン性という観点からデザインアンテナの設置が増えていくでしょう。