アンテナを設置をする前に調べるアンテナの種類とは!?

観たいチャンネルの種類に合わせてアンテナを選ぶ

テレビ環境は、個人の好みと住んでいる場所に左右されます。多チャンネル放送が一般的になっているので、昔ながらの地上波放送のみが視聴対象となるとは限りません。地デジアンテナに加えてBSアンテナやCSアンテナが必要となる場合には、同時に手配する必要があります。地デジを視聴するためには、UHFアンテナが必要となります。一方、BSと110度CSは同じパラボラアンテナで視聴出来ますが、CS専用アンテナとして別の衛星放送に対応したパラボラアンテナも存在します。パラボラアンテナの中には、複数の衛星に対応している共用パラボラアンテナも存在するので、どの放送波を受信したいのか決めてから具体的なアンテナ選びを行なうと良いでしょう。

地域特性を把握して使用可能なアンテナを絞り込みする

衛星放送は、パラボラアンテナとコンバーターの種類を選択するだけで、設置時に角度を調整すれば良いので地域特性による影響はありません。しかし、地デジアンテナについては住んでいる場所による影響を多く受けると知っておかなければなりません。地デジ放送には、大きな電波塔以外に地域ごとに設置された中継塔が存在しています。地方のローカル局は、中継塔からのみ送信されているケースがあるので、場合により地デジアンテナを異なる方向にクロスして2つ設置し、混合器を用いてテレビへ接続しなければならないこともあるわけです。電波強度についても、電波塔からの距離が近ければ強く小型アンテナで済みますが、山陰や距離が遠いほど弱電界地域となるので大型の地デジアンテナが必要となります。